「IQ246~華麗なる事件簿~」スタジオに潜入

2016/11/10

いつも、光和のブログをご覧頂きありがとうございます。

昨日、TBSの緑山スタジオに光和が美術協力している、「IQ246~華麗なる事件簿~」の撮影現場にお邪魔してきました。
今回、初めてドラマの撮影現場に潜入させて頂きました。
セットというのも初めて見ましたが、中と外では大違いで、外から見ると、工事現場のような、いわゆる、ハリボテな感じがするのですが、一歩中に入るとそこは別世界。
細部まで入念に手が込んでおり、小物一つ一つにこだわりが感じられます。
名家の古い室内を表現すべく、部屋の隅々まで、使い込んだ感じの仕上げがなされています。
その空間に、光和のアンティーク絨毯がとてもマッチしており、「おぉ!カッコいい!」と思いました。
色々な角度から写真を撮ってきましたが、まずは主人公「法門寺 沙羅駆」が思考を巡らす書斎の写真です。

こちらに使われているのはセムナン産のアンティークペルシャ絨毯です。
サイズが、約2.5m×3mという、やや特殊なサイズです。
デザインも、マルチプルと言われる、総柄となっておりインテリアのレイアウトがとてもしやすいデザインです。このように、イスを中央に配置する場合、メダリオンタイプなど、デザインのパワーバランスが、中央に集約されたデザインだと隠れてしまい、絨毯の魅力が半減してしまいますが、このように全体に総じてデザインのパワーが分散していると、とても安定感のある印象を持ちます。このように年代を感じる空間には、アンティーク絨毯がとてもマッチしていると思います。

ちなみに、運良く、撮影のリハーサルを見学することが出来ました。
主演の、織田裕二さんをはじめ、ディーンフジオカさん、土屋太鳳さん、新川優愛さんの演技を目の前で見学させて頂きました。大変貴重な体験が出来ました。
みなさん、当然ですが、大変真剣に取り組んでおり、何度もセリフを自分の中に入れて、どう表現するべきか熟慮されている様子がうかがえました。

つづく。

img_1369
img_1370
img_1379

スタッフK

「IQ246~華麗なる事件簿」見逃した方!

2016/10/21

明日の土曜日のお昼、再放送です!

絨毯がたくさん出てきますよ!

10月22日(土)ごご2時〜3時24分

『IQ246〜華麗なる事件簿〜 第1話再放送』

今晩9時!TBSドラマ日曜劇場「IQ246」スタート!

2016/10/16

いよいよ今晩9時スタートのTBSドラマ日曜劇場「IQ246」!
先日のブログでもご紹介しましたが、当社のペルシャ絨毯が使用されています。
本日、画像解禁なので、アップしちゃいます!

出演は、織田裕二さん、土屋太鳳さん、ディーンフジオカさん!
日曜劇場「IQ246」

ぜひ、ご覧ください。そしてペルシャ絨毯を見つけてください!

iq%e3%80%80%e6%9c%ac-4 iq%e3%80%80%e6%9c%ac-15 iq%e3%80%80%e6%9c%ac-19 iq%e3%80%80%e6%9c%ac-40

光和 スタッフK

生命の樹展

2016/10/13

10月15日(土)~23日(日)の9日間、「生命の樹展」を開催いたします。

私たちは「マテバシイと森の普及促進協会」の活動を応援致します。

~5% for the Earth~ (売上の5%をマテバシイと森の普及促進協会の活動のために寄付いたします)

2016_10sale01_ol

 

名古屋美術倶楽部 大ペルシャ絨毯展

2016/6/29

今年で三回目となりました「名古屋美術裏部での大ペルシャ絨毯展」。

前回、前々回と大変ご好評いただきました名古屋美術倶楽部の展示会。
特に、弊社得意のアンティークコーナーは一見のの価値がありますので今年もぜひご覧頂きたいと思います。新作のコーナーは、100畳敷の和室に大量展示しています!
この機会にぜひご来場くださいませ。

IMG_0860

和室約100畳の展示スペースにペルシャ絨毯が大量に展示!

IMG_0831

アンティークのコーナーには、ミュージアムピースの作品が多数展示!

IMG_0855

弊社代表、文様辞典著者の佐々木聖も会場にてお待ちしております!

2016_7名古屋美術倶楽部01

2016_7名古屋美術倶楽部02

川嶋仁 ピアノリサイタルのお知らせ

2016/6/5

いつも光和のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

軽井沢大賀ホールにて、弊社のスタッフの兄である「川嶋仁」軽井沢大賀ホールでピアノリサイタルを開催いたします。

2016年8月19日金曜日 13時開場 14時開演 予定です。

プログラム
〈 第一部 〉
ショパン:エテュード Op.25よりNo.1 変イ長調「エオリアン・ハープ」
幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66
ノクターン 第9番 ロ長調 Op.32よりNo.1
エテュード No.12 ハ短調「革命」
リスト:「愛の夢」第3番 他
ショパン:プレリュード Op.25よりNo.15 嬰二長調「雨だれ」他
〈 第ニ部 〉
マスネ:「タイスの瞑想曲」
サン=サーンス:「白鳥」
ラヴェル:「水のたわむれ」
カスキ:「ブルレスケ」
「夜の海辺にて」 他
レクオーナ:スペイン組曲「アンダルシア」より「コルドバ」
アラゴン

お問い合わせは
03-3581-0421
株式会社光和まで

川嶋仁 大賀ホール コンサート

川嶋仁プロフィール
東京芸術大学音楽学部ピアノ科卒業。皇居にて御前演奏。NHK洋楽オーディションに合格し「NHK-FM新人デビューリサイタル」に出演。ポーランド政府の全額給付を受け、ワルシャワのショパンアカデミー(現、ショパン音楽大学)に留学。同大学院修士課程を修了。その後、パリへ渡り、ベルリオーズ音楽院研究科修了。パリ・スコラカントルムにおいて最優秀のディプロマを取得。トルネオ国際コンクールで名誉表彰を受ける。留学中、ワルシャワ、パリなどでリサイタルやジョイントコンサートなどに出演。帰国後は銀座・王子ホール、すみだトリフォニーホール、カワイコンサートサロンパウゼなどで38回のリサイタル、また紀尾井ホール、東京オペラシティ・タケミツメモリアルホールなどで行われたジョイントコンサートに20回出演し、好評を得ている。室内楽ではウィハン弦楽四重奏団と共演、元東京交響楽団首席奏者のベアンテ ボーマン氏、同楽団首席奏者のグレブ ニキティン氏とトリオコンサートを行う。日本演奏連盟会員。PTNA正会員。2005年よりPTNAピアノコンペティション審査員。また、日本クラッシックコンクール、大阪国際音楽コンクールの審査員も務める。2008年より東京純心女子大学非常勤講師として3年間務めた。リリースされた2枚のCDは絶賛されている。これまで、故佐々木瑞子、千葉成子、成田ゑみ、柳川守、坪田昭三、リディア・コズベック、故バルバラヘッセ=ブコフスカ、故ギャビー・カサドシュ、ダン・タイ・ソン、パスカル・ロジェ、エリック・ハイドシェック他の各氏に師事。

 Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next